資金不足にならないように経営する

>

スピーディーな資金集め資金不足の回避

金融機関に申し込む

一般的な資金調達の方法は、金融機関に相談することです。
こちらに返済の意思があり、滞ることなく実行できると判断された場合は資金を融資してくれます。
申請する時に資金繰り表や事業計画書などの提出が必要になります。
返済計画書を出すと、信頼性がアップすることがあります。

審査が早く終わる金融機関だと、数週間から1か月で資金を得られる面がメリットです。
中には審査に時間が掛かるけれど、金利が低く設定されている金融機関も存在します。
その時の状態に合わせて、金融機関を選んでください。
ただこれまでに返済が滞ったことがあったり、たくさんの負債を抱えたりしている人は、どこの金融機関でも審査を通過するのが難しくなってしまいます。

ファクタリングで資金調達

2社間ファクタリングも、すばやく資金を得られる方法なので使っている人が多いようです。
この方法だと、取引先にファクタリングをしたと連絡しなくて良い面がメリットです。
ファクタリングのことを伝えると、会社の経営が悪化しているのではないかと疑われてしまう場合があります。
今後の取引に悪影響を与えるので、特に理由がない場合は2社間ファクタリングを選びましょう。

ファクタリングには、取引先も含めた3社間ファクタリングもあります。
こちらは、手数料が安くなる面がメリットです。
しかし2社間ファクタリングでも、3社間ファクタリングの時と同じぐらい手数料を安くしてくれる業者が存在します。
お得にファクタリングをするなら、手数料が高額でない業者を探しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る